2005年09月03日

PCゲームの誕生[その4]

 1980年代半ば。テレビゲームを源流とする歴史と、パソコンゲームの歴史は、日本で激突します。

 そうして登場したのが、「ポートピア連続殺人事件」です。テキストと挿絵によって物語を進めるという、パソコンゲームならではのスタイルのゲームです。そして翌1986年には、RPGである「ドラゴンクエスト」が、ついに日本に登場するのです。

 しかし、これはパソコンゲームを、そのまま日本に持ち込んただけではないのです。むしろ逆だと考えていい。パソコンゲームのスタイルをこそ持ち込んでいますが、その根っことなるエッセンス部分は、きれいさっぱりと捨て去っている。それこそが、この両作品の特徴です。

 たとえば、そこからは、ゲームマスターの存在が、バッサリと消し去られています。「ポートピア〜」は、相棒のヤスの言葉によって、物語が説明されました。「ドラゴンクエスト」は、街の人々のセリフによって世界が説明されました。そこには、世界を描写するという立場に立つ者はいないのです。

 「みんなで遊ぶもの」という概念もありません。これらは1人で遊ぶゲームとして設計されています。そして、がんばると「成功」があり、それにともなった「ご褒美」があるようになっています。パソコンゲームの流れを汲んだスタイルでありながら、ゲームセンターを源流としていたゲームが持つ構造を、同時に受け入れているのですね。(これについては、別項で説明します)。



 まだまだあります。パソコンゲームには、もともと「善と悪」という分類がありません。これはウォーSLGを母体としている文化であり、たとえ対立する勢力があっても、どちらかが正しいわけではない、という考えがあるからです。いまでも、海外ゲームでは、善が悪を倒す、という物語が少ないのは、そのためなのです。しかし「ドラゴンクエスト」は、最初から堂々と善と悪の対決を描いていることは、みなさん、よくご存知のとおりです。

 また、もともとのRPGは、無名の人物を主人公とする物語でした。みんなで世界を共有する遊びから始まった文化であり、ゆえに参加者は特別な立場ではなく、ワンオブゼムに過ぎないからです。しかし「ドラゴンクエスト」は違う。主人公は世界を救う特別な人物でした。そして悪を滅ぼすという完結する物語が用意され、それを成し遂げるための、起承転結が用意されたのです。

 他にも例はあげられるのですが、このへんにしておきましょう。この両ゲームが、パソコンゲームの形を受け入れつつ、しかしパソコンゲームの歴史に根差した残されている骨格部分を、きれいさっぱりと捨て去っていることは、おわかりになったと思います。



 そこには、このような大胆なアレンジがあったのです。だからこそ、パソコンゲームを源流とするゲーム文化と、ゲームセンターを源流とするゲーム文化が、プレイヤーに違和感を感じさせることもなく、きちんと融合することになりました。(もっとも、こうして根っこの部分をしらないままRPGに触れてしまった日本のユーザーが、海外ゲームに対する無理解を生む結果になるのですが、それはまた、別の項で説明しましょう)。

 いずれにせよ、これにより、日本のゲームは、世界で唯一、「すべてのゲーム文化を飲み込む」ことに成功します。異文化を受け入れたファミコンが、子供から大人まで巻き込む、とてつもないムーブメントを引き起こしたのは、ご存知のとおりです。いまから、およそ20年前のことでした。

[この項、いったん終わり]
posted by 野安 at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。